2008年07月

2008年07月31日

GC グラディア ダイレクト

グラディアグラディア2





GCから新発売された「グラディア ダイレクト」を購入しました。
ダイレクトボンディング用の光重合型審美修復用コンポジットレジンです。
シェ−ドガイドには、日本人の合うシェ−ドが用意されており、そのシェ−ドを取り外して重ねることにより、複数のシェードを積層築盛する色合わせもできるようになりました。
また、オペーカスデンチン、デンチン、エナメル、トランスルーセントといった透明性の異なるペーストも用意されてますので、天然歯のような自然観あふれる美しさの再現を可能にしています。

チップパレット





グラディア ダイレクトのユニチップをユニチップガンに装着して、専用のパレットにユニチップのペ−ストを押し出します。
パレットに色合わせした数種類のシェ−ドのペーストをだして、患者さん個人個人に合わせて、組み合わせを調整し、積層築盛していきます。
築盛後は、光照射・重合します。
その後、形態修正して、研磨すれば完了です。

shimada_dental at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2008年07月29日

シェ-ドガイド

シェ−ドセラミックなど白いかぶせるものは、シェ-ドガイド(色見本)の中から色を決めます。
ぴったりした色がある場合はいいのですが、なかなかない場合もあります。



シェ−ド2前歯3本にセラミックをかぶせる症例です。
仮の歯をかぶせています。
これから色を決めます。
シェ-ドガイドの中で、患者さんの歯の色に1番近いシェ−ドを置いて、写真を撮ります。
この画像をUSBメモリ−に入れて、技工士さんにわたします。


シェ−ド3技工士さんは、この画像を見ながら、セラミックのかぶせものを作りますので、色がぴったりと合い、かぶせものとはわからない自然な感じとなります。


shimada_dental at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2008年07月28日

保険治療の白いつめもの(レジン充填)

3MIXレントゲンで、歯の間に深いむし歯が発見されました。
症状はありませんが、歯髄(歯の神経)の近くまで、達しているようです。
通常の治療では、むし歯を削り、神経を取る治療になる可能性がありますが、深い虫歯でも痛みがほとんどないということで、虫歯だけを最小限に削り、神経を残しました。
麻酔なしで、少くない痛みで、コンポジタイトシルバ−プラスを使って、金属でなく、レジン充填(白いものをつめる)ができました。
レジン充填は、保険治療です。
部位、大きさ、形によってはレジン充填が難しく、金属になることもありますが、金属より、白い方が、見た目や金属アレルギ−の問題から、できるだけレジン充填をします。




2008年07月25日

猛暑

毎日、暑い日が続いてますね。
皆さん、体調には気をつけてください。

すいかすいかをもらいました。
暑い日には、よく冷えたすいかがとってもおいしい。





もろこしもろこし2






とうもろこしももらいました。
炭火で焼いて、しょう油のこげるにおいが香ばしい。
そして、よく冷えたビ−ルを飲んで、焼けたとうもろこしにかぶりつく。
暑い日には、夏の楽しみもあります。

shimada_dental at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!春夏秋冬 | 趣味の話

2008年07月24日

ダイレクトダイヤペ−ストキット

ペ−ストレジン修復(白いつめもの)の時に、最後にこの「ダイレクトダイヤペ−ストキット」で磨きます。
きれいにツヤ出しができ、ピッカピッカになります。。
すでにつめているもので、ツヤを失った修復物もこれで磨くとツヤが復活します。
さわやかなライムのフレ−バ−ですので、きれいになり、さっぱりします。

shimada_dental at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2008年07月22日

人生生涯小僧のこころ

人生生涯小僧のこころ人生生涯小僧のこころ

「人生生涯小僧のこころ」の著者 塩沼亮潤さんの講演会に行ってきました。
大峯千日回峰行をされた話。
吉野山から24キロ先の大峯山頂を千日往復する修行。
往復48キロ、高低差1300メ−トル以上の山道を16時間かけて1日往復。
9年の歳月をかけて4万8千キロを歩く。
塩沼様
想像を絶する荒修行を達成した塩沼さん。
とても謙虚で、心やさしく、そして、芯の強さを感じるお方でした。

修業中、熱が40度になり、お腹をこわし、体中が痛くなり、体力の限界にきて、山道でたおれてしまいました。
すると、とんとんと包丁の音が聞こえてきました。
母が味噌汁をつくっています。
忘れない母の味噌汁の味。
飲み終えると母は、茶碗やら箸やら全部ゴミ箱に捨てて、
「お前の帰ってくる場所はない。しっかり行じてきなさい」といいました。
塩沼さんが入山した朝の思い出がよみがえったそうです。
それから、勇気がでて、山頂まで、一気にかけ登ったそうです。

苦しいときこそ、自分を成長させる。
とってもいい話を聞くことができました。
感謝。



2008年07月18日

荏原病院

荏原荏原病院とは、連携をとっています。
難しい外科治療は、荏原病院の口腔外科に紹介しています。
その荏原病院が発行している「えばら連携だより」の7月号。
歯科口腔外科部長の佐野先生が歯科コラムを書いていますが、その中におもしろい話が・・・
パントモX線撮影の間中、ずっと息をこらえていた患者さん。
撮影部のドアを開けたとたん、転がるように出てきて、大きく何度も息をついたそうです。
胸部X線では、大きく息を吸って止めますが、歯科では必要ありません。


パントモこれが、パントモX線です。
お口全体のレントゲンで、歯の状態、顎の骨の状態がわかります。
島田歯科医院のレントゲンはデジタルレントゲンです。
従来のレントゲンに比べ、X線を1/4に低減し、より安心となります。
高品質の画像により高度な診断ができます。

2008年07月15日

クリアフィルSAル−ティングセメント

セメント最近、発売になりました接着性レジンセメントの「クリアフィルSAル−ティングセメント」。
島田歯科医院でも、使い始めました。
接着性が向上し、操作性もいいようです。
シリンジの中央を押すと、等量採取できます。
ペースト同士が近似した流動性で、馴染みやすくスムーズに練和できます。
余剰セメントは、2秒光照射するだけで、除去しやすい硬さになります。
そして、5分で完全に硬化します。
補綴物が脱離しないためにもセメントの性能は大切ですので、性能のいい接着材を使っていきたいと思います。


shimada_dental at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2008年07月14日

予防歯科臨床の実践セミナ−

歯科衛生士3人が予防歯科臨床の実践セミナ−3回コ−スに参加しました。
講師は、フリ−ランスの歯科衛生士 遊佐典子先生です。
5箇所の歯科医院の衛生士が参加し、会場は島田歯科医院です。
今回は、その最終回で、ル−トプレ−ニング(SRP)実習です。

セミナ−まずは、遊佐先生のデモです。
精密検査をして、術者磨きをして、スケ−リング、ル−トプレ−ニングのデモです。
患者さん役は、実は私です・・・・・



セミナ−24つのグル−プにわかれ、ル−トプレ−ニングの実習です。
交代で、術者・患者さんになり、ル−トプレ−ニングをしました。
個別に遊佐先生に指導してもらいました。
このセミナ−は、講師の先生が島田歯科医院に来てもらい、3回やりました。
少人数で、自分の歯科医院でやりましたので、実践的で有意義なセミナ−となりました。
歯科衛生士のテクニックが向上したことでしょう。


2008年07月11日

プロセラ(オ−ルセラミック)

プロセラプロセラ2





白いかぶせるものは、メタルボンド(金属にポ−セレンを焼き付けたもの)が主流でしたが、最近ではオ−ルセラミックが話題になっています。
このオ−ルセラミックのプロセラは金属を使いませんので、金属アレルギ−の問題がありません。
かぶせたものと歯肉の間に金属がすけて、黒く見えることもありません。
金属が少しづつ溶けて、歯肉の色素沈着(歯ぐきのシミ)の心配もありません。
また、光の透過性が高いので、審美的にも優れています。
しかし、金属に比べて、強度の心配がありますし、保険外治療になります。
技工代が、メタルボンドより高いので、費用が少し高くなります。

プロセラ セットプロセラを接着性レジンセメントで模型に装着しました。
自然な感じです。




システムプロセラは、画期的なCAD/CAMシステムです。
支台歯形成した天然歯のダイ模型をプロセラスキャナーでスキャニングし、デザインされたそのデータを送信するだけで、コーピング/ブリッジやラミネートベニアのフレームが工場で製作され送られてくるというシステムです。
今後、島田歯科でも症例を選んで、導入する予定です。


shimada_dental at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2008年07月10日

スリッパ

スリッパスタッフがスリッパを新しくしてくれました。
夏に合うさわやかな色ですね。
ありがとうございます。
夏は、素足でいらっしゃる患者さんが多いので、1ヶ月での交換です。
スリッパ入れには、滅菌ランプをつけています。
朝と夜に除菌スプレ−をかけます。
清潔にして、気持ちよくスリッパをはいてもらいたいと思います。


アミムシ





ドラえもんが虫とりの網をもっています。
あッ、虫がとれたようです。
クワガタ虫のようです。

shimada_dental at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 | 春夏秋冬

2008年07月08日

メタルフリ−

東京歯科東京歯科2





東京歯科大学の同窓会が主催する卒後研修セミナ−に行ってきました。
今回のテ−マは「メタルフリ−修復の実際とその基本手技」。
ハイブリッドセラミック、ファイバ−ポスト、オ−ルセラミック、ジルコニア、などメタルフリ−修復の講義と実習です。
島田歯科では、すでにメタルフリ−を目指しています。
保険治療では、できる限り金属をつめないで、レジン修復(白いものをつめる)に力を入れています。
また、ハイブリッドセラミック、ファイバ−ポストの症例も増えています。
今回のセミナ−で、再確認しました。

精神東京歯科大学病院の受付にある額。
東京歯科大学の精神「医は仁術也」。
肝に銘じて、患者さんのためにがんばります。

2008年07月07日

七夕 小児歯科

七夕きょうは七夕ですね。
たくさんの短冊ありがとうございました。
お願い事がかないますように。
きょうは、雨が少し降ってます。
織姫と彦星は会えるでしょうか。


休診夏休みのお知らせです。
8月10日から17日は、夏休みで休診になります。
すみませんが、よろしくお願いします。

2008年07月04日

発がんリスクに歯周病が

花





アメリカのハ−バ−ド大学の研究によると・・・
歯周病により、発がんリスクが高まる可能性が指摘されています。
歯周病の既往を持つ者の発がんリスクは、そうでない者と比較して 14%高いそうです。
発がんリスクの上昇は、がん腫によって異なることも明らかになったようです。
血液がん(非ホジキンリンパ腫や白血病、多発性骨髄腫など)で30%、肺がんでは36%、腎がんでは49%、膵がんでは54%、発症リスクが高くなるそうです。
(DENTAL TRIBUNE より)

歯周病によって、発がんリスクが高まるのは、恐いですね。
歯周病にならないように、歯科医院での定期検査と歯周病予防をしましょう。

2008年07月03日

院内勉強会 歯列育形成

育研月に1回、院内勉強会をしています。
今回は、歯列育形成の症例を発表しました。
前歯の1本が反対咬合になっており、永久歯のはえるスペ−スが足りません。
プレ−ト(取り外しのできる装置)を使ってもらい、前歯のかみ合わせを改善し、顎を少し広げることにより、永久歯のはえるスペ−スを確保しました。
プレ−トをよく使ってもらいましたので、とてもきれいな歯並びになりました。
もちろん、むし歯もありません。


shimada_dental at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2008年07月01日

骨隆起

隆起下顎の裏側が腫れたと言うことで来院した患者さん。
よく見てみると「骨隆起」でした。
これは、噛む力によって、顎に骨が添加されてできると言われています。
特に問題のあるものではないので、そのままにします。
しかし、歯を失って義歯になったときは、この骨隆起があたって痛い場合があります。
その場合は、何回も義歯の調整をしたり、時には骨隆起を除去することが必要になることもあります。