2008年11月

2008年11月28日

小児歯科 治療の練習

子供初めてむし歯の治療をする時は・・・・・
まずは、練習からです。
削ってつめる治療は、いきなりは無理ですので。
歯ブラシをしたり、シ−ラントなどの予防処置をしたり、そして、タ−ビン(むし歯を削るあのキーンと音がするやつ)で、実際には削らず、水だけだして練習をします。
練習ができてから、むし歯の治療を開始します。
「すぐにむし歯の治療をしてください。」と言われることもありますが、押さえつけての治療は、その治療ができても、次から来なくなっちゃいますので、ご理解ください。
時間かかかっても、予防処置、練習、そして治療と段階をふんでいきたいと思います。


2008年11月27日

鈴文

とんかつとんかつ






おいしいとんかつ屋さん鈴文が復帰しました。
前のお店は、日本工学院の拡張工事で、なくなってしまいましたが、島田歯科のすぐそばにもどってきました。
23日開店で、早速行ってきました。
昼のランチは、950円のロ−スかつと1050円のヒレかつです。
目の前であげてくれます。
衣はうすく、サクサクと言うよりはパリッとしていて、中の肉がジュ−シです。
味は健在でした。


2008年11月25日

ゴ−ルド展

ゴ−ルド六本木ヒルズの美術館で開催されている「ゴ−ルド展」に行ってきました。
富、美、権力の永遠の象徴であるゴ−ルド。


ゴ−ルド日本初公開のロシア皇帝ゆかりのファベルジェのイ−スタエッグ(写真)など豪華絢爛なゴ−ルド宝飾の作品の数々は、大変すばらしかったです。
また、鉱物、歴史、経済など、ゴ−ルドに関していろいろな勉強になりました。

歯の治療でも、ゴ−ルドをつめたり、かぶせたりします。(保険外治療になりますが・・)
ゴ−ルドは、口の中でも耐久性が高く、体に親和性が良く、歯と良く適合します。
ゴ−ルドは他の金属に比べ、優れています。
最近では、審美性から、白いレジンやセラミックをつめる方が多くなってきましたが、ゴ−ルドもまだまだいいようです。


shimada_dental at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!趣味の話 

2008年11月21日

ボジョレ−ヌ−ボ

ボジョレ−昨日はボジョレ−ヌ−ボの解禁日です。
早速、購入し頂きました。
ライトでフル−ティな味です。
生ハムとサラダ。
通販で買ったフォアグラを焼いて、食べました。
家での少し贅沢なボジョレ−ヌ−ボでした。

ボジョレ−ヌ−ボとは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られる新酒で、毎年11月の第3木曜日午前0時に販売が解禁されます。
日本では時差の関係で、フランスより一足早く解禁されるということです。




shimada_dental at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!趣味の話 

2008年11月20日

中心結節

定期健診で、第二小臼歯に角(ツノ)のような突起が発見されました。
これは、何でしょうか?

角2




中心結節といいます。
この角の部分に細い神経が入っています。
これが折れると、大変です。
痛みがでてきます。
また、折れたために歯の神経が死んだ場合は、歯の根の成長が止まってしまいます。
生えて間もない時に中心結節が折れにくいようにしておく必要があります。

角3




中心結節の周りを、レジンという材料をつめて、折れにくいように補強しました。
こうしておけば、徐々に磨り減っていきますが、歯の根が出来上がるまで時間を稼ぐことが出来き、中心結節の中の神経も少しずつ小さくなっていきます。

結節2→結節3




通常は小臼歯に多いのですが、第二大臼歯にある場合があります。
これも中心結節の周りにレジンをつめて折れないように補強しました。
定期健診で、中心結節を発見するのも大切なことです。


shimada_dental at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2008年11月18日

ファイバ−ポスト

ファイバ−→ファイバ−2





歯の根しか残ってない時は、かぶせるために土台を作ります。
今までの土台は、金属でできたメタルコアが主流でした。
金属は歯質に比べかなり硬いので、歯の根に金属を差し込みますので、咬む力によって歯の根が割れる作用が働き、歯根破折が起きる欠点がありました。
最近では、金属でなく、グラスファイバ−とコアレジンのポスト、通称「ファイバ−ポスト」にしています。
写真は、直接法(型をとって作る間接法もあります)でのファイバ−ポストです。
ファイバ−ポストは、歯質に近い弾性ですので、破折をかなり防げます。
また、レジンともに歯質と接着して、歯と一体化することが期待できますので、はずれることも少ないでしょう。
色は、半透明で光を透過する特性もありますので、審美的によく、オールセラミックなどをかぶせる時に金属色がすけることもありません。
島田歯科医院では、なるべく金属をつめないメタルフリ−を目指しています。


shimada_dental at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2008年11月17日

日本デンタルショ−2008

ショウ日本デンタルショ−に行ってきました。
新製品、購入を考えているもの、気になるものなどいろいろチェックしました。
日本のほとんどの歯科関係の会社が出展してますので、いろいろ情報収集に役に立ちます。
新しいユニット(診療台)もチェックし、将来はこれで診療できたらいいな・・・など未来の島田歯科医院の展望も考えてしまいます。
たくさんのパンフレットをもらってきましたので、ゆっくり検証したいと思います。

2008年11月14日

風と共に去りぬ

風ハリウッド随一の色男として知られる名優クラ−クゲーブルは、実は・・・
名作「風と共に去りぬ」で共演したビビアン・リ−に大変嫌われていたそうです。
その理由は「クラ−クゲーブルの口は臭い!」からでした。
どうもクラ−クゲーブルは、歯周病だったようです。
あんなに甘いマスクでも、口臭があったら、台無しですね。
(Detalismより)


shimada_dental at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!いろいろ情報 

2008年11月13日

乳歯のうしろから永久歯がはえてきた

uara下の前歯の乳歯のうしろから永久歯がはえてくる場合があります。
これは、乳歯がじゃましているというより、顎が小さく永久歯のはえるスペ−スがたりないために裏側にはえてきます。
将来的には下の前歯は歯が重なりあってしまうことが多いようです。
顎を少しひろげてスペ−スを確保すれば、きれいな歯並びにすることができます。
歯列育形成では、プレ−トを使って、きれいな歯並びをつくります。
プレ−ト

2008年11月11日

ドライマウスによる口臭

コップ口臭の原因は、いろいろとありますが、多くは歯周病が考えられますが、ドライマウス(口腔乾燥症)の場合があります。
ドライマウスは、唾液の分泌低下により、口の中が乾燥し、食べ物の残りや粘膜のはがれた物や細菌が舌について、口臭となります。
唾液の分泌低下の原因は、加齢や更年期障害と考えられていましたが、最近では、高圧剤や抗ヒスタミン剤、抗不安薬などの薬の副作用で起こると言われています。
ドライマウスの口臭予防としては、口の中の粘膜のケアが大切です。
専用のスポンジブラシに洗口液をつけて、舌や粘膜を磨きます。
歯科医院専用で販売している口臭カットスプレ−も有効です。
また、ドライマウスでは、唾液によるむし歯予防効果が期待できませんので、むし歯にも注意しなくてなりません。
(北海道新聞参考)


2008年11月10日

第5回 歯列育形成ミニ講演会

歯列育形成ミニ講演会を開催しました。
今回でミニ講演会は5回目になります。
通常の講演会より、規模を小さくした講演会でしたが、多数の参加者があり、会場は満員になりました。
ありがとうございました。

プレ−トチン





午前中は、プレ−ト、アクチベ−タ−、チンキャップのデモをやりました。
3ヶ所にわかれ、少人数で自由に話ができるように形式でやりました。
いろいろ質問がでて、時間がたりないぐらいの盛り上がり?でした。

セミナ−午後は、島田朝晴先生(私の父ですが・・)のミニ講演会です。
乳歯列後期・混合歯列初期の反対咬合の治療について。
多くの症例発表があり、すべての症例は、きれいに反対咬合がなおっていました。
反対咬合は、なるべく早くなおさないとなおすのが、だんだん困難になってきます。
反対咬合の場合は、早めの治療が有効となります。


2008年11月07日

就学時健診

子相生小学校の就学時健診に行ってきました。
来年の4月に入学する子供たちの健診です。
むし歯のない子といくつもむし歯のある子の二極化を感じます。
歯の健康に対しての温度差があるようです。
むし歯のある子には、「歯医者さんに行きましょう。」と声をかけました。
東京都(23区)では、中学生まで、治療の負担金がなく無料になります。
(23区内は負担金なしですが、市部は各市によって負担割合が異なります。)
むし歯のある子は、むし歯治療のために歯医者さんに行きましょう。
そして、むし歯のない子は、むし歯予防のために定期的に歯医者さんに行きましょう。




shimada_dental at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!校医の仕事 

2008年11月06日

老人ホ−ムのうどん

ウドン月に2回、老人ホ−ムに摂食治療に行ってます。
今回の食事は、うどん。
普通食を食べている方は、そのままですが、刻み食を食べている方は、うどんを短く切ったものにしました。
極刻み食を食べている方は、うどんを1センチくらいに切ったものを食べてもらいました。
いつもスプ−ンを使っている方には、フォ−クを使ってもらいましたが、うまくうどんをすくえないことがわかりました。
今回は、極刻みのうどんをスプ−ンで食べてもらいましたが、今後、麺類の時は、スプ−ンの方は、工夫しないといけません。
何かいい案がないか検討します。


2008年11月04日

メタボと歯周病

ameライオンは、歯周病とメタボリック症候群の関連性についての研究結果を発表しました。
メタボの指標となる肥満、血圧、脂質、血糖値の基準値を超えると、歯周ポケットが深くなり、歯周病になる傾向があるそうです。
メタボが心配な方、歯周病も気をつけてください。
歯科医院で、健診を受けましょう。




2008年11月01日

歯科医師の平均年齢

ブラシ





日本の歯科医師の平均年齢は、48.1歳だそうです。
2年前に比べ0.5歳高くなっているようです。
男性は49.4歳、女性は42.9歳。

自分は、歯科医師の中では、まだまだ若いと思っていましたが、そろそろ中堅どころにいるようです。
そういえば、大学を卒業して20年以上たちました。
セミナ−や講習会など、まだまだ勉強して、一流の歯科医師を目指して、がんばりたいと思います。


shimada_dental at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!いろいろ情報