2010年02月

2010年02月26日

ニッケルチタン製のスプレッダ−「ナビフレックス」 最新歯科器具

歯科 スプレッダ−日曜日に参加した須田英明先生のセミナ−の実習では、正しい根管充填法を習得しましたが、ニッケルチタン製のスプレッダ−を使いました。
先の細さが違う2種類のスプレッダ−を使いわけて、側方加圧根管充填をしました。

スプレッダ−は、側方加圧根管充填で使う器具です。
根管内にポイントを挿入し、このスプレッダ−でポイントを窩壁に密着させ、側方に加圧していきます。
スプレッダ−を引き抜いた後の根管の余剰腔には、アクセサリーポイントを挿入して、また側方に加圧して根管充填をしていきます。

ニッケルチタン製のスプレッダ−「ナビフレックス」は、ニッケルチタン製のため湾曲根管根尖付近まで到達します。
形状記憶の特性のため折れにくく、耐久性もいいようです。

島田歯科では、早速、このニッケルチタン製のスプレッダ−「ナビフレックス」を購入して、実践投入です。

shimada_dental at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

2010年02月25日

湯島天神の梅祭り

梅梅まつり






日曜日は、御茶ノ水にある東京医科歯科大学セミナ−に参加しましたが、その帰りは、湯島まで足を延ばしました。
ちょうど湯島天神では梅祭りが行われていました。
夜の梅の花もいいもんですね。
梅の季節の次は桜です。
春はもうそこまできています。
でもまだ寒い日が続くと思いますので、風邪をひかないように・・・・

shimada_dental at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!春夏秋冬 

2010年02月23日

矯正治療中 きれいな歯並びを目指して

矯正歯科矯正歯科2矯正歯科3






前歯の歯並びがよくありません。
右上の前歯は引っ込んでいますが、左上の前歯は出っ歯になっています。
患者さんの希望により、上顎にだけ矯正装置のブラケットオームコのスピリットMBブラケットをつけて矯正治療開始した症例です。
上顎の第1小臼歯の2本は、抜歯しました。

歯を抜いて、そのスペ−スを使って、歯をきれいに並べています。
右の写真は、1年半後です。
きれいに歯が並んできましたが、歯を抜いたスペ−スがまだありますので、そのスペ−スを閉じる治療をしています。
矯正治療の最終段階にはいった症例でした。

2010年02月22日

東京医科歯科大学教授  須田英明先生のセミナ−

歯科セミナ−歯科セミナ−2






東京医科歯科大学歯科同窓会の学術部が主催するセミナ−に参加しました。
「リフレッシュ歯内療法−成功するエンドのために−」
講師は、東京医科歯科大学の教授 須田英明先生です。

歯内療法(歯の根の治療)は、歯の寿命を左右する大切な基本的な治療ですが、結構、難しい場合も多くあり、奥の深い治療です。
歯医者の腕がいいかどうかの見せ所でもありますが、一般の人にはわかりにくい所でもあります。

講義では、まず基本的な根管の解剖学から始まり、根管形成の術式、難症例への対応など、歯内療法の成功させるポイントを復習をしながら学びました。
実習では、正しい根管充填法を改めて習得しました。
また、最新技術であるマイクロスコ−プ(手術用顕微鏡)の実習もあり、根管を顕微鏡レベルで見る必要性も感じました。
マイクロスコ−プは、今後、購入するかは検討していきます。

今回の実習セミナ−では、歯内療法は、やはり基本が大切と再認識させられました。
今後も基本を大切にした治療でがんばっていきたいと思います。


2010年02月19日

ごほうび 歯の消しゴム その2 小児歯科

小児歯科 小児歯科2






小児歯科では、治療をがんばった子供には、ごほうびがあります。
ごほうびに歯の消しゴムがあることは、以前に投稿しましたが・・・
そこで今回は、歯の消しゴム第2弾が登場です。

小児歯科3この歯型消しゴム、かなりリアルにできています。
本物の歯を研究したのか、下顎の第1大臼歯にそっくりです。
さて、このリアルな歯の消しゴムの人気はどうでしょうか?


実は、あまりかわいくないのか、人気は今ひとつのようです。
残念・・・・


小児歯科 消しゴム歯型消しゴム以外にも、こんなにごほうびの消しゴムがあります。
結構、おもしろいでしょう?




小児歯科 ごほうび

消しゴム以外のごほうびです。
どうでしょうか?







2010年02月18日

柏田先生 実習セミナ− 2日目

歯科セミナ−東京医科歯科大学臨床教授で開業医の柏田聰明先生のセミナ− 「補綴修復の新コンセプトとテクニック」の2日間の実習コ−スを受けました。
日曜日はその2日目でした。



歯科セミナ−2歯科セミナ−3歯科セミナ−4






今回の実習は、ファイバ−ポストでした。
島田歯科医院では、すでにファイバ−ポストの直接法で治療しています。
ファイバ−ポストは、歯質に近い弾性ですので、歯根破折をかなり防げます。
レジンとともに歯質と接着して、歯と一体化しますので、はずれにくくなります。
色は、半透明で光を透過する特性もありますので、審美的によく、オールセラミックなどをかぶせる時に金属色がすけることもありません。

その他にも、TEK(仮の歯)作成のポイントや、直接覆髄・断髄、動揺歯の固定などの実習もあり、柏田先生のテクニックをいろいろ勉強しましたので、今後、治療に取り入れていきます。

歯科セミナ−
柏田聰明先生の著書「補綴修復イノベーション―細菌と咬合力を重視した生物学的アプローチ」







2010年02月16日

島田歯科の院内勉強会 歯のクリーニングを受けました

島田歯科 勉強会 歯のクリ−ニング今回の院内勉強会は、歯のクリーニングです。
うちの歯科衛生士に、私の歯のクリーニングをしてもらいました。
スケーリング・PMTCをして、歯石、着色、歯垢を除去します。
そして、ポリッシングをして、歯の艶だしをします。
歯がツルツルになり、気持ちいいです。
ありがとうございました。

今回の勉強会の目的は、3つあります。
まずは、私の歯の健康のための歯のクリーニングです。
次は、歯科衛生士の技術のチェックです。
いい腕でした。
これなら、安心です。
そして、最後は、患者さんの気持ちになることです。
診療台に座って、患者さんの目線になりました。


shimada_dental at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2010年02月15日

スタッフの誕生日イベント

島田歯科 スタッフ誕生日スタッフの誕生日でした。
お花とみんなのメッセ−ジを書いたカ−ドをプレゼントをしました。
そして、恒例の記念撮影です。
パチっ!

新しい年の抱負を言ってもらいました。
いい年になりますように・・・・


shimada_dental at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2010年02月12日

バレンタインデ− イベント

島田歯科 イベント今度の日曜日は、バレンタインデ−です。
そこで、今週は、バレンタインデ−のイベントとして、「歯を元気にするフル−ツグミ」をプレゼントすることにしました。

歯を元気にするためには、よく噛むことが大切です。
「歯を元気にするフル−ツグミ」は、普通のグミより少し硬めに作ってあり、噛みごたえがあるのが特徴です。
またキシリトール入りで、むし歯の心配はありません。
そして、なんと歯の形をしています。
味はストロベリー、マスカット、レモンの3種類がありますので、どうぞ楽しみにしていてください。

shimada_dental at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2010年02月09日

蒲田グルメ情報 イタリア料理 

蒲田 グルメ蒲田 グルメ イタリア






今回は、蒲田グルメ情報イタリア料理です。
蒲田で、おすすめのイタリア料理といえば・・・
やっぱりカンパ−ニャでしょう。
味はもちろんおいしいし、ディナ−のコ−スが二人で2.800円っていうのも魅力です。
雰囲気もいいし、店員さんの応対もグッドです。

2010年02月08日

オ−ソブライト カラ−  歯列育形成(床矯正)のプレ−ト 

小児矯正 プレ−ト最近の子供は、顎が小さく、永久歯のはえるスペ−スがなく、歯が重なりあってはえてくる場合が多いようです。
特に下の前歯の乳歯の裏側に永久歯がはえてくる場合があります。
これは、乳歯が抜けないからではなく、永久歯のはえるスペ−スがないのが原因です。
歯列育形成では、混合歯列期にこのプレ−トを使い、顎を広げて永久歯のはえるスペ−スを確保して、きれいな歯並びをつくります。

小児歯科 矯正歯科 プレ−ト小児歯科 矯正歯科 プレ−ト 歯列育形成






プレ−トをしっかり使ってもらうために、好きな色を選んでもらいます。
プレ−トの色は、今までは、専用の染料を混ぜていましたが、材料の粉に色がついている「オ−ソブライト カラ−」が新発売になりました。
色は、クリア−、ピンク、レッド、ブル−、グリ−ン、オレンジがあります。
そして、レッドとブル−を混ぜて、紫色もできますので、合計7色から好きな色が選べるようになりました。

小児矯正 プレ−ト3好きなシ−ルも選んでもらい、プレ−トの中に入れることもできます。
自分だけのスペシャルプレ−トの完成です。


2010年02月05日

シ−ラント 虫歯予防 小児歯科 

シ−ラント 虫歯予防 小児歯科小児歯科 矢印シ−ラント 虫歯予防 小児歯科2






6歳臼歯の虫歯予防のシ−ラント
かみ合う面(咬合面)の溝は、虫歯になりやすいのです。
特に、はえて間もない6歳臼歯は、むし歯になりやすいので、あらかじめ溝を接着力のあるレジンで埋めてしまいます。
むし歯予防のこの溝埋めをシーラントと言います。
このシ−ラントは、長い間のうちにはがれてしまいますが、短期的にはきちんと詰めれば虫歯予防には、かなり効果があります。
島田歯科の小児歯科の定期健診では、6歳臼歯をチェックして、シ−ラントをして虫歯予防をします。



2010年02月04日

キッズル−ム 小児歯科

キッズル−ム 小児歯科キッズル−ムにジョイントカラ−マットを敷きました。
明るくなりました。
座り心地もいいようです。

島田歯科では、小児歯科・虫歯予防・歯列育形成(小児矯正・床矯正)に力を入れていますので、子供たちがたくさん来ます。
兄弟で来たり、友達を連れてきたりと、キッズル−ムがいっぱいになることも。
ジョイントカラ−マットは、よごれたら、また変えますので、衛生的にもいいようです。

2010年02月02日

小学校の健診と企業歯科健診(検診)

企業健診来年度(4月から)の校医をしている相生小学校の健診の日程を決めました。
春の健診、秋の健診、就学時健診、歯みがき教室を行う予定です。




島田歯科医院では、企業歯科健診(検診)も行っています。
虫歯のチェック、歯周病のチェック、歯のクリーニング、歯ブラシ指導などをやります。
電話で予約してもらい、来院してもらって、健診を実施します。
詳しくは、電話で、お問い合わせください。
TEL 03−5703−1230
よろしくお願いします。

shimada_dental at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!校医の仕事 | お知らせ

2010年02月01日

GC友の会学術講演会

歯科セミナ−GC友の会学術講演会に行ってきました。
2つのテーマを4名の先生方によるご講演とシンポジウムでした。
午前は、「高齢者の歯を守る 〜個への対応が生む安心感をベースに〜」
講師の先生は、千葉英史先生 千葉県我孫子市 千葉歯科医院。
千葉先生の診療室では、高齢者の歯を守り、ほとんど歯を失わない診療を実践されています。
高齢者の口腔内の特徴や治療計画の立案、高齢者のかかわりのポイントと診療への取り組みなどいろいろ勉強になりました。
また、千葉歯科医院の歯科衛生士のスタッフによる、高齢者への口腔衛生指導やコミュニケーションのヒントも多く、参考になりました。

午後は、ディスカッション講演 「義歯難症例に対する新しい補綴処置の考え方」
講師の先生は、前田 芳信 先生 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 歯科補綴学第二教室 教授。
阿部二郎先生 東京都調布市 阿部歯科医院 東北大学大学院歯学研究科。
亀田行雄先生 埼玉県川口市 かめだ歯科医院。
顎堤が大きく吸収し「吸着型のデンチャー」が作れない患者さんなどに対する次の一手としてインプラントを活用する方法です。
インプラントの上に、はずせるデンチャーをセットする「インプラントオーバーデンチャー」の臨床例を通しての利点・注意点などやそのエビデンスについて3人の先生のディスカッションがあり、総義歯のインプラントの活用を学びました。