2011年03月

2011年03月28日

桜が開花 島田歯科前の桜並木から

島田歯科前の桜並木今日は、いいニュースです。
島田歯科前の桜並木が、開花しました。
まだ、少し寒いですが、春はもうそこまできています。
これからも、島田歯科前の桜情報をお伝えしていきます。

2011年03月26日

計画停電と原発の影響

地震の直接な被害はありませんでしたが、計画停電の心配と原発の不安があります。
計画停電は、大田区のホームページから情報を得ています。
今のところ、大田区は計画停電の予定はないようです。
そして、今一番心配なのは、原発。
いったいどうなってしまうのか。
毎日のニュースの内容によって、少しほっとしたり、心配になったりと不安が続きます。
しかし、まずは、過剰に反応しないように冷静になることが大切と自分に言い聞かせています。
一日に何回かは、東京都の放射線測定をチェックしています。
通常より高い数値のようですが、今のところは大丈夫のようです。
計画停電の心配と原発の不安は、いつまで続くのか。
でも、被災地の悲しみと苦しみに比べれば、これぐらいは耐えなくてなりません。
冷静に見守りましょう。
そして、今ある状態で、がんばっていきたいと思います。

2011年03月25日

地震の影響 ブログ再開します

東日本大震災により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げますとともに、一日でも早い復旧をお祈り申し上げます。

東日本大震災から2週間が経過しました。
原発の不安や水道水の放射性物質の心配はありますが、計画停電は見送りが多く、電力の供給も少し落ち着く方向にあるようですので、自粛していたブログの更新も再開していきたいと思います。

被害のあまりの大きさに、これから日本はどうなってしまうのか?
自分は、何ができるのか?
何をすべきなのか?
まずは、節電、義援金。
歯ブラシを被災地へ送る動きもでてきましたので、参加していきたいと思います。

shimada_dental at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2011年03月14日

地震の影響 診療しています

通常通りに診療をしています。

地震の影響で今日から計画停電が開始されるようです。
いつ停電になるかは、今のところわかりませんが、停電が実施されれば、診療できなくなりますので、ご了承ください。

節電のために、加湿器、アロマ、DVDプレーヤー、液晶テレビ、などをスイッチOFFにしています。
診療後は、室内のすべての電気、看板のライトも消します。
また、診療体制に変更がない限り、電力の供給が落ち着くまで、しばらくの間、このブログの更新も自粛したいと思いますので、ご了承ください。





shimada_dental at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2011年03月12日

地震の影響 診療していますが一部の方にはご迷惑おかけします

今日は、診療していますが、一部の患者さんの方にはご迷惑をおかけします。
昨日の地震により、電車が遅延して、スタッフ全員集まっていませんので、予約どおりに診療できない場合や一部の患者さんには予約の変更をお願いすることがありますので、ご了承お願いします。
また、キャンセルも多いと思いますが、キャンセルのお電話を頂けない場合が多いようなので、今日は多くの方をみることができないと思います。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどお願いします。

shimada_dental at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2011年03月10日

ホームページをリニューアル中

蒲田の歯医者 矯正歯科 小児歯科 島田歯科島田歯科のホームページをリニューアル中です。
完成まで、まだ時間がかかりそうですが、できたところから、少しずつUPしていますので、よろしくお願いします。

shimada_dental at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2011年03月08日

四條隆彦先生のセミナー 噛んで知る日本の食力 その2

四條隆彦先生四條隆彦先生のセミナーの続きです。
四條先生は、「食生活の変化の伴い、味覚の感性を失った子供が増えていることに危機感を覚えます。」と言われました。
「カップ麺や電子レンジで温めるだけのインスタント食品の類を毎日のように食していれば、それも致し方ありません。このような環境で育った子供たちは、味覚と同時に母親が一所懸命、家族のために心をこめて料理を作ってくれることに対して感謝する気持ちも育まれません。その子供が結婚すると、そこで育つ子供はさらにひどい状態のなってしまうでしょう。」
また食事の作法についても四條先生は、言われました。
たとえば、イスにあぐらをかき、新聞や漫画を読みながら、クチャクチャ音をたてて食べれば、周りの人はどう思うでしょうか?
作法とは、食事を美味しく、美しく食べることのようです。
写真は、セミナーで頂いた資料の一つです。
いろいろな名前がついているんですね。
「迷い箸」ぐらいしか知りませんでした。
お箸の使い方も気をつけようと思います。

2011年03月07日

四條隆彦先生のセミナー 噛んで知る日本の食力

四條隆彦日曜日に行ったセミナーは、
「噛んで知る日本の食力」
(四條司家千二百年の伝承と日本食文化の底力)
講師の先生は、四條隆彦先生。
四條隆彦先生は、平安時代から続く宮中包丁道・日本料理道を継承する四條司家第四十一代・当主です。
歯科とは直接関係ないように思えますが、このセミナーの案内には、
「日本の食文化においては命の根元となる「食べること」は、「よく噛むこと」であり、口腔機能を健康に維持することは心身の健康に直結する重要な医療となります。」
とあり、食文化と歯の健康は、深い関わりがあり、興味深い内容でした。
また、日本料理の素晴らしさもよくわかりました。
日本料理は、素材の味を引き出すための料理で、淡い味を噛んで味わいます。
上質のお吸い物のようにお口に含んだ瞬間は味が薄いと感じたとしても、時間差を持って舌とか胃から全身にその味わいや深み、そして満足感が伝わってきます。
その反対に欧米食は素材以上に味をつけていく料理です。
食べた瞬間に味を感じますので、それだけ味が濃厚なのです。
欧米食に慣れてしまうと、味覚が濃くなり、あまり噛まなくなり、肥満などの原因になっていきます。
健康を考えると、やはり日本型食生活がいいようです。

四條先生は、毎年、明治神宮内拝殿にて、新年包丁儀式を奉納されています。
ビデオで、その儀式を見ました。
右手には普通の包丁よりかなり大きい庖丁刀を持ち、左手には真魚箸を持って、決して素手を素材に触れることなく料ってゆく姿は、日本の伝統美を感じました。
包丁道の根本精神は、素材に対する感謝、道具への感謝、そして、食べていただく方への感謝だそうです。
感謝の心によって初めて「食」の美味しさが伝わる神事をして、今日まで千年を越えて受け継がれてきました。
「道を極めることによって、文化を守ることができる。」と四條先生は、言われました。
心に響くお言葉です。

2011年03月04日

今度の日曜日のセミナーは・・・

四條隆彦日曜日には、四條隆彦先生のセミナー行ってきます。
四條隆彦先生は、平安時代から続く宮中包丁道・日本料理道を継承する四條司家第四十一代・當代です。
毎年、明治神宮内拝殿にて、新年包丁儀式を奉納されています。
歯科とは、直接関係はありませんが、「医食同源」日本の食の伝統文化に接してきますので、楽しみです。

2011年03月03日

摂食治療 摂食嚥下リハビリテーション リクライニング

摂食嚥下リハビリテーション摂食嚥下リハビリテーション






月に2回、特別養護老人ホームたまがわに摂食治療に行っています。
早めに行って、老人ホームのお庭を散歩しました。
冬のお花が咲いていました。
まだまだ寒いですが、お花を見ると少しほっと暖かくなります。

今回の摂食治療は、姿勢をリクライニングにした方がいい場合です。
食事は全介助の方で、食べ物をお口に溜め込んでしまい、嚥下がなかなか起こりません。
どうも舌の動きが悪いようです。
リクライニング車椅子に変えてもらい、姿勢を少しリクライニングにして、食事をするようにしてみました。
通常は、お口に入れた食べ物を舌の動きによって、のどの方に送り込み、嚥下しますが、舌の動きが悪い方は、リクライニングにすると、重力によって、送りこみができます。
また、のどでは、食道が後ろにあり、食道の前に気管がありますので、リクライニングにすることによって、食べ物がのどの後ろ側を通り、気管に入りにくくなり、誤嚥しないようになります。
リクライニングにすることによって、嚥下もスムーズにできるようになりました。

2011年03月01日

蒲田ではないけど・・・グルメ情報 ハンバーグ編

蒲田ではないけど・・・グルメ情報 ハンバーグ編蒲田ではないけど・・・グルメ情報 ハンバーグ編






ハンバーグと言えば・・・
蒲田ではないけど、品川にあるつばめグリルのつばめ風ハンブルグステーキがお気に入りです。
アルミホイルを開けると、ほっかほっかのハンバーグがでてきます。
品川駅前のつばねグリルが有名で、行列ができてますが、品川駅の反対側の港南口のアトレにもつばめKITCHEN アトレ品川店ができて、こちらの方があまり並ばないようです。