2013年07月

2013年07月29日

院内勉強会 口腔粘膜の病変について

大田区蒲田歯医者小児歯科小児矯正虫歯予防歯並び島田歯科では、月に一回、院内勉強会を行っています。

口の中の病気というと、まずは虫歯と歯周病ですが、その他に口の中の粘膜にできる病気は結構多くあります。
今回は、口腔粘膜の病変について勉強しました。
歯科衛生士からは、白板症という病気の症例発表もありました。
これからは、虫歯と歯周病はもちろんのこと、粘膜もしっかりとチェックしていきたいと思います。

shimada_dental at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2013年07月23日

歯科医院の検索ポータルサイト「歯医者ガイド」

歯医者ガイド先日、全国の歯科医院を検索するサイト歯医者ガイドの取材を受けました。
その内容がネットで公開されました。

島田歯科医院の特徴や目指していることなど、わかりやすい内容になっています。
よければ、見てください。

こちらです。

「歯医者ガイド」のスタッフの皆様、ありがとうございました。

shimada_dental at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2013年07月18日

DPS 夏のセミナー 塩沼亮潤さんの講演会

塩沼亮潤DPSの夏のセミナーに参加してきました。
塩沼亮潤さんの講演会です。
塩沼さんの講演は、今回で2回目になります。

今回も、とてもいい話を聞くことができました。
ありがとうございます。
特に子供に対する教え。
・親に口答えをしない。
・好き嫌いをしない。
・約束を守る。嘘をつかない。
息子に教える前に、まずは自分が実践しなければ・・・

いい教えありがとうございました。
感謝。

日本人の宝日本人の宝
著者:竹田 恒泰
PHP研究所(2012-04-19)
販売元:Amazon.co.jp
塩沼亮潤さんと神道に精通した旧皇族の竹田恒泰さんの対談の本です。
仏教家と神道家の対談ですが・・・
日本で生まれてよかった。
日本人でよかった。
と思える内容です。
おすすめの本です。


2013年07月11日

歯列育形成(子供の歯列矯正) 反対咬合(受け口) その3 1か月でなおりました 

子供の歯並び・小児歯科・小児矯正・子供の反対咬合子供の歯並び・小児歯科・小児矯正・子供の反対咬合子供の歯並び・小児歯科・小児矯正・子供の反対咬合






子供の反対咬合についての続きです。

今回の症例は、乳歯の反対咬合(受け口)です。
夜寝る時にムーシールドを使ってもらいました。
なんと1か月で、反対咬合はなおりました。
島田歯科医院での最短記録です!

しかし、これで終わりにしてしまうと後戻りがあります。
また反対咬合になってしまう可能性がありますので、永久歯に生え変わるまでは、経過を見る必要があります。

子供の歯並び・小児歯科・小児矯正・子供の反対咬合大塚式小児不正咬合の治療法 小児矯正







子供の反対咬合の治療には、左側のムーシールド、または右側のムーシールドの進化版のO-轡織ぅを使います。


反対咬合は、早くなおさないとなおすのが、だんだん困難になってきます。
反対咬合の治療は、乳歯列(3歳から)、遅くても混合歯列初期(7歳までに)に治療することをおすすめします。
遅くなると骨格的反対咬合(下顎が大きくなる)になり、歯の矯正治療では治せなくなっていきます。

日本矯正歯科学会で発表されたデータによると、乳歯列の反対咬合が永久歯がはえてきて自然になおったのは、6%だけだそうです。
永久歯に生え変わっても反対咬合だったのは94%。
反対咬合は自然に治る可能性はかなり低いということです。
また、両親に反対咬合がある遺伝的なものは、自然には、なおりません。

2013年07月05日

青山ジャーミイデント歯科に行ってきました

青山ジャーミイデント歯科 歯列育形成 子供の歯並び青山ジャ−ミィデント歯科に行ってきました。
院長は歯列育形成の創始者であり、また私の父でもあります。
技術的なものはもちろん、長年の経験からくるものは大きく、まだまだ父から学ぶものがあり勉強になりました。
ありがとうございます。
父は結構いい年です。
これからも健康で、まだまだ現役でがんばってほしいものです。
今後も見学もかねて、またお手伝いに行くことになりそうです。

shimada_dental at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!医院見学 

2013年07月01日

床矯正研究会のセミナー

床矯正床矯正研究会のセミナーに行ってきました。
床矯正とは、床矯正装置(プレート)という取り外しのできる矯正装置を使ってなおす歯列矯正治療です。

島田歯科医院では、床矯正は得意分野であり、歯列育形成研究会に所属しており、理事を務めていまして、実習セミナーのインストラクターも務めています。
私の所属している、歯列育形成研究会と今回行った床矯正研究会とよく比較されたり、よく間違われ?ます。

さて、どう違うのでしょうか?
床矯正装置(プレート)を使いますので、基本的なところでは、よく似ています。
しかし、細かなテクニックやアプローチの仕方や対象年齢に多少の違いがあります。
どちらがいいかは・・・・
歯列育形成研究会のいいいところもありますし、床矯正研究会のいいところもあります。
島田歯科医院では、床矯正研究会のいいところも取り入れて、より優れた床矯正治療に取り組んでいきたいと思います。