2014年07月

2014年07月28日

歯列育形成研究会 第17回症例相談会と第20回ミニ講演会を開催しました

歯列育形成 床矯正 子供歯並び 小児 反対咬合歯列育形成研究会の第17回症例相談会を開催しました。
歯列育形成研究会の会員のからの症例の相談会です。
私は、歯列育形成研究会の理事を務めています。

歯列育形成 床矯正 子供歯並び 小児 反対咬合2つのテーブルに分かれて、症例相談を行いました。
私が担当したテーブルです。
理事の片瀬先生と共に治療経過中の症例相談を行いました。
今回も難しい症例の相談がありました。
会員の先生も経験を積んでいますので、難しい症例も挑戦するようになってきましたので、難しい症例の相談が増えてきました。
難しい症例を参加した先生といっしょに検討して、多くのご意見があり、いろいろと考えますので、私も勉強になります。
たくさんの症例相談、ありがとうございました。

歯列育形成 床矯正 子供歯並び 小児 反対咬合もう一つのテーブルでは、歯列育形成研究会の会長の兎先生とジャーミィデント歯科のチーフ歯科衛生士の平岡さんが、これから治療を開始する初診の症例の治療方針についての相談を受け付けました。
写真、歯の型、レントゲンなどをもってきてもらい、治療方針の検討をしました。

歯列育形成 床矯正 子供歯並び 小児 反対咬合午後はミニ講演会です。
講師は、歯列育形成の生みの親であります島田朝晴先生(私の父ですが・・・)。
今回の演題は、「乳歯列の反対咬合について」。
今まで、何回も父の講演は聞いていますが、またまた勉強になりました。

反対咬合は、なるべく早めに治療を開始して、早くきれいな噛み合わせにすることによって、顔もいい顔にすることが大切です。

反対咬合は、早くなおさないとなおすのが、だんだん困難になってきます。
反対咬合の治療は、乳歯列(3歳から)、遅くても混合歯列初期(7歳までに)に治療することをおすすめします。
遅くなると骨格的反対咬合(下顎が大きくなる)になり、歯の矯正治療では治せなくなっていきます。

日本矯正歯科学会で発表されたデータによると、乳歯列の反対咬合が永久歯がはえてきて自然になおったのは、6%だけだそうです。
永久歯に生え変わっても反対咬合だったのは94%。
反対咬合は自然に治る可能性はかなり低いということです。
また、両親に反対咬合がある遺伝的なものは、自然には、なおりません。


いつも多くの先生に参加してもらい、ありがとうございます。
今後も、相談会・講演会を続けていきます。
理事として、子供のきれいな歯並びを目指して、がんばっていきますので、よろしくお願いします。

2014年07月26日

女塚神社大祭

蒲田 祭り二年に一度行われる女塚神社のお祭り。
今日から明日まで行われます。
島田歯科医院の近くにやぐらが組まれ、おみこしの町内巡行が始まりました。
おみこしの掛け声や笛や和太鼓の音が、診療室の中まで聞こえてきて、お祭りの熱気が伝わってきました。
今日は、ずっとお祭り気分での診療となりそうです。

大田区 蒲田 歯科 小児歯科 矯正 子供 歯並び駅前の祭礼提灯です。
島田歯科は、提灯での参加です。





大田区 蒲田 島田歯科 祭礼奉納もしました。






今日は、猛暑日です。
お祭りに参加されている町内のみなさん、熱中症にならないように気を付けてください。

2014年07月25日

日本歯科医師会の生涯研修事業 研修修了証

大田区 蒲田 島田歯科大田区 蒲田 島田歯科











日本歯科医師会から、平成24・25年度の「研修修了証」が届きました。
日本歯科医師会が生涯研修事業として認めている学会・研修会・セミナーに出席すると、単位が取得できます。
生涯研修事業修了基準達成者(40単位以上)には、この修了証が送られてきます。
私は、68単位といつもより少ない単位でした。(前回は146単位)
平均取得単位数は、全国で46.1、東京都では37.2ですので、平均よりかは、学会・研修会・セミナーの参加して、勉強したことになります。
今後も、学会・研修会・セミナーに参加して、新しい知識や新技術を取り入れ、島田歯科医院は、進化・進歩していきたいと思います。


shimada_dental at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!診療姿勢 

2014年07月22日

DPS 夏のセミナー ホリスティック歯科医療

DPS 夏のセミナーDPSの夏のセミナーに参加してきました。
タイトルは、「10年後のあるべき診療思想・体制 ホリスクティック歯科医療」。
5人の先生の講演がありました。



「呼吸と脳機能」       佐野真弘先生
「咀嚼機能と脳機能」     荒井正明先生
「臨床医と矯正医の混合診療」 藤井智巳先生
「咀嚼筋と全身機能」     岡 徳之先生
「診療思想と健康経営・人性」 齋藤 忠先生

とても興味ある内容でしたが、奥が深い難しい内容でしたので、今回は、その入口の概論の話でした。
咀嚼と全身は、とても関連があり、重要になる分野ですので、今後も勉強していきたいと思います。
咀嚼と脳機能、呼吸と脳機能など、新しい分野ですので、今後も注目していきたいと思います。

2014年07月19日

院内勉強会

大田区 蒲田 歯科 小児歯科 矯正 子供 歯並び月に1回、院内勉強会をしています。
今回は、歯周病治療の精密検査です。
前にも、この歯周精密検査については勉強会でやりましたが、今回は新人歯科衛生士の実習です。

歯周精密検査は、歯と歯ぐきの間の深さ(ポケット)を検査用の器具(プローブ)で調べていく検査です。
特に中等度以上の歯周病では、1歯につき、6箇所のポケットを計り、歯周病の進み具合を調べていきます。
精密検査の結果から、歯周病治療の方針をたてます。

しっかりと実習ができたようです。
精密検査は、正確にできるようになりました。

今度も勉強会で、向上していきたいと思います。

shimada_dental at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2014年07月01日

七夕

七夕7月になりました。
まだ梅雨が続いていますが、今日は天気がよく、暑い日になりそうです。

恒例の七夕イベント始まりました。
短冊にお願い事を書いてね!

みんなのお願いを書いた短冊は、女塚神社にきちんと奉納しますので、ご安心してください。
お願い事がかないますように・・・

shimada_dental at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動