2009年01月10日

笑いと健康 その3

草「笑いと健康」の続きです。
笑うと、大きく呼吸しますので、肺の中のガス交換が盛んになり、酸素が十分に供給されることになります。
爆笑すると、大きく開いた口から出る空気の速度は、なんと最高100キロにまで達するそうです。
また、笑うことにより、横隔膜の運動が加速され、内臓器に適度の運動が加えられます。
その結果、消化もよくなりコレステリンも減少します。
食事の時に笑うことは、消化にもよいと言うことになります。


shimada_dental at 09:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!いろいろ情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔