2009年02月26日

治療器具の滅菌

メッキン銀座の眼科で、レーシックと呼ばれる近視の矯正手術を受けた患者さん67人が、感染性角膜炎などに集団感染したというニュ−スがありました。
どうも治療器具の滅菌が不完全だったようです。

島田歯科では、感染に対応した治療器具の滅菌をしっかり行なっています。
治療器具は、滅菌パックにいれてオ−トクレ−プという滅菌器でしっかり滅菌し、治療の直前に患者さんの目の前で開けます。
注射針、メスの刃、紙コップ、エプロンなど多くのものをディスポーザブル(使い捨て)にしています。
歯科医師・歯科衛生士は、手指の消毒をしっかりやり、ディスポーザブルのグローブをつけます。
ディスポーザブルのグローブは、患者さんごとにを変えますので、ご安心ください。


shimada_dental at 10:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔