2009年02月27日

いつまでもちますか?その2

よく患者さんから聞かれる「いつまで、もちますか?」の話の続きです。
症例をみて検証しましょう。

むし歯1印むし歯2





レジンをつめてありますが、遠心(歯の奥の部分)のレジンがかけて茶色になっています。
かなり前になおしたそうですが、むし歯になってかけてしまったのか、かけてむし歯になったのか?
むし歯のところをけずっていくとやや深いむし歯でした。
レジンが劣化したり、歯とレジンの境目からむし歯になったり、治療したときにむし歯の取り残しがあって再発した可能性もあります。

むし歯3神経までは、むし歯が進んでいないので、今回は、しっかりむし歯をとりレジン充填をしました。




むし歯をしっかりけずってとるか、または3Mix-MP法でむし歯を3Mixという薬で無菌化して修復するか、などしっかりむし歯を治療します。
そしてレジンですが、むかしに比べれば、かなり進歩しました。
接着力が増し、強度も耐久性もよくなってきています。

定期健診に来てもらい、メインテナンスをしていけば、かなりよくもつと思います。


shimada_dental at 09:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!最新の歯科治療 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔