2009年04月17日

豊かな国の乏しい歯科医療

海東南アジアの一国ブルネイは、石油や天然ガスなどの資源が豊富にあり、経済的にとても豊かな国ですが、歯科医療は、かなり乏しいようです。
人口38万人に対して、デンタル・オフィサ−は、なんとたった28人しかいないそうです。
そして、6〜12歳のう蝕罹患率(むし歯になっている人の割合)は、90%達しているという。
(DENTAL TRIBUNE より)

デンタル・オフィサ−と言っていますので、どうも歯科医師ではないようです。
歯学部の大学もないと思いますので、歯科医師というライセンスや資格もないデンタル・オフィサ−の治療は、かなり心配です。
また、子供のう蝕罹患率が90%ですから、ほとんどの子供が、むし歯になってしまって、そして治療も受けられない状態になってしまっているのでは・・・
豊かな国ブルネイですが、歯科医療は、大変なことになっているようです。


shimada_dental at 09:54│Comments(0)TrackBack(0)clip!いろいろ情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔