2010年11月01日

ムーシールド 子供の反対咬合(受け口)の早期初期治療の矯正装置

ムーシールド 反対咬合(受け口)の早期初期治療 矯正装置子供の反対咬合(受け口)の早期初期治療の無色透明のマウスピース型の矯正装置ムーシールドです。
就寝時のみの使用で治療効果を上げることが出来ます。
このムーシールドを使用することにより、反対咬合は、 永久歯が生えるまで待つことなく、3歳児からの治療ができます。
6ヶ月〜1年で効果が表れ、約9割で改善がみられます。

ムーシールド 反対咬合(受け口)の早期初期治療 矯正装置ムーシールドを考案した柳澤宗光先生のセミナーに行ってきました。
柳澤宗光先生は、3才から6才まで幼児の反対咬合治療を対象として約20年前にムーシールドを考案しました。
今回のセミナー「ムーシールドの臨床応用」で、ムーシールドの効果的な使用法や細かな調整など、勉強になりました。

ムーシールド 反対咬合(受け口)の早期初期治療 矯正装置澤宗光先生といっしょに写真をとりました。






ムーシールド 反対咬合(受け口)の早期初期治療 矯正装置セミナーの終了証です。






今後も症例によっては、このムーシールドを使い、子供の反対咬合(受け口)の早期初期治療をしていきます。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔