2012年02月24日

マウスピース矯正のアクアシステムとインビザラインの違い

アクアシステム透明で見えない取り外しできるマウスピース矯正島田歯科医院では、マウスピース矯正は、アクアシステムとインビザラインを採用しています。
同じマウスピース矯正ですが、違いがあり、適応症も違います。



アクアシテム透明で見えない取り外しできるマウスピース矯正アクアシステム透明で見えない取り外しできるマウスピース矯正








アクアシステムは、セットアップモデル(作業用模型)から作製した透明で取り外しが可能なマウスピースを1日20時間装着することで、きれいな歯並びにしていきます。
前歯が少し重なっている、1本の歯が引っ込んでいる、1本の歯がでているなど・・・
歯並びの一部分が気になるプチ矯正が適用になります。
また、アクアシステムは、矯正治療をしながら同時にホワイトニングもできます。


インビザライン 透明で見えない取り外しできるマウスピース矯正インビザライン 透明で見えない取り外しできるマウスピース矯正









インビザラインは、アメリカのシリコンバレーにあるアライン・テクノロジー社が開発した最先端の透明なマウスピース型の矯正歯科技術です。
矯正方法は、コンピュータで3Dデザインされた透明で取り外しが可能なマウスピースを1日20時間装着することで、きれいな歯並びにしていきます。
インビザラインは、コンピュータによって、歯の動きを3Dシミュレーションしますので、プチ矯正のアクアシステムより、適用範囲が広くなります。

マウスピース矯正では、歯並びの状態によって、アクアシステムかインビザラインを選択していきます。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔