デジタルレントゲン

2009年01月29日

デジタルレントゲンの利点 その2

NY前回に引き続き、デジタルレントゲンの利点です。
最近の出来事です。

ニュ−ヨ−クから、一時帰国したTさん。
歯ぐきが腫れて、来院しました。
レントゲンを撮ると、歯の根が化膿していることがわかりました。
根管治療(歯の根の治療)が必要ですが、日本には1週間しかいないということです。
根管治療は、何回もかかり、時間がかかります。
応急処置をして、抗生剤を飲んでもらいました。
そして、根管治療は、ニュ−ヨ−クですることになりました。
デジタルレントゲンの画像をUSBメモリ−に入れて、Tさんに渡しました。
Tさんは、ニュ−ヨ−クのかかりつけ医にメ−ルで添付したのです。
ニュ−ヨ−クのかかりつけ医は、送られたデジタルレントゲンを見て、専門医の治療が必要と判断、専門医にレントゲンを転送して、治療の予約をとることができました。
アメリカでは、専門医制度になっていて、根管治療は専門医が治療します。

デジタルレントゲンはメールで送れるという利点により、ニュ−ヨ−クの根管治療の専門医と連携がとれました。


shimada_dental at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月27日

デジタルレントゲンの利点 その1

レントゲン島田歯科医院のレントゲンはデジタルレントゲンです。
従来のレントゲンに比べ、X線を1/4に低減し、より安心となります。
高品質の画像により高度な診断ができます。
画像を拡大することができますので、細かいところを見ることができます。
色の調整ができますので、歯や骨のレントゲンの濃さを調節して、見やすくできます。
また現像をしませんので、撮った後にすぐに画像になります。
現像液・定着液など必要ありません。

普通のレントゲンは、撮った後に現像をしますが、この現像液・定着液が結構、面倒なのです。
温度によって、現像の時間が変わりますので、季節によって時間の調節が必要になります。
また、現像液・定着液は、劣化していきますので、だんだん現像に時間がかかるようになり、その調節がやっかいになります。
そして、古くなった現像液・定着液は、捨てることができません。
いろいろ環境に悪いものが含まれていますので、業者に委託しなくてはなりません。

デジタルレントゲンは、現像の面倒な調整もいりませんし、環境にもいいことになります。
そして、最近、デジタルレントゲンのいいところがありました。
それは、また明日の投稿で・・・


shimada_dental at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月18日

荏原病院

荏原荏原病院とは、連携をとっています。
難しい外科治療は、荏原病院の口腔外科に紹介しています。
その荏原病院が発行している「えばら連携だより」の7月号。
歯科口腔外科部長の佐野先生が歯科コラムを書いていますが、その中におもしろい話が・・・
パントモX線撮影の間中、ずっと息をこらえていた患者さん。
撮影部のドアを開けたとたん、転がるように出てきて、大きく何度も息をついたそうです。
胸部X線では、大きく息を吸って止めますが、歯科では必要ありません。


パントモこれが、パントモX線です。
お口全体のレントゲンで、歯の状態、顎の骨の状態がわかります。
島田歯科医院のレントゲンはデジタルレントゲンです。
従来のレントゲンに比べ、X線を1/4に低減し、より安心となります。
高品質の画像により高度な診断ができます。

shimada_dental at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月17日

デジタルレントゲンでの比較

Per観察Per治療






成人の場合、治療を始める前にデジタルレントゲンをとり、精査してから治療を開始します。
1年以上たってから、また別の部位で治療が必要になった場合にもデジタルレントゲンをとることがあります。
この場合、デジタルレントゲンでの比較ができます。
たとえば、左のデジタルレントゲン。
左下の6番(レントゲンでは下の右から2番目)のPer(歯の根の炎症)の進行状態が確認できます。
根の先の病変(黒い部分)が変化してませんので、治療せずに経過観察となりました。
右のデジタルレントゲンの左下の6番は、根の先の病変が大きくなっていますので、進行性と診断し、治療することになりました。
比較することにより、診断が可能になります。
デジタルレントゲンは、通常のレントゲンより、X線量が4分の1以下(10分の1という報告もあります)ですので、ご安心を。

shimada_dental at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月25日

デジタルレントゲン

デジデジ2






島田歯科医院のレントゲンはデジタルレントゲンです。
従来のレントゲンに比べ、X線を1/4に低減し、より安心となります。
高品質の画像により高度な診断ができます。

右のレントゲンは、左のレントゲンの一部画像を拡大して細かなところを見ることができます。


shimada_dental at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月06日

説明

画像1画像2






患者さんへの説明は、なるべくわかりやすいように画像を使います。
レントゲンもデジタルですので、拡大したりしてわかりやすいと思います。
でも、限られた時間で、わかりやすく説明するのは、結構難しいですね。

shimada_dental at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月10日

デジタルレントゲンの値段

75565660.JPGデジタルレントゲンは、いくらでしょう?
撮影機、パソコン、ユニットごとの院内ラン。
システム全部含めるとベンツ1台分です
高〜い
アナログに比べて、放射線量が1/4になり、より安全です。
また、現像しないので、現像液などが必要なく、環境にもいいです

shimada_dental at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!